皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科

病気のこと

ニキビの悩みについて

acne_1

ニキビの原因は、様々ですが、特に下記の2つが大きな要因を占めます。
1)皮脂の分泌過剰(毛穴のつまり)
2)アクネ菌の増殖

思春期の場合は、
1)皮脂の分泌過剰の状態にあり、毛穴の発達が未熟で、十分に皮脂を出せないため、
毛穴が詰まってしまい、2)アクネ菌が増殖し、ニキビができてしまいます。
毛穴の発達を待ち、アクネ菌を抑える抗菌薬の外用の対応だけで、徐々に良くなっていく場合もありますが、悪化を何度も繰り返す場合は、毛穴の詰まりを改善する外用薬を使用する場合もあります。
ただ、根本的には皮脂の分泌過剰が原因なので、それを抑えるために食事を気をつけたり、
乾燥しすぎないように保湿する(乾燥すると体が皮脂を出して保湿しようとするため)ことが大切です。最近は、乾燥肌→皮脂分泌過剰→ニキビのパターン方が多い気がします。

プラスαの治療として、
漢方や高濃度ビタミンCローション、ケミカルピーリングがあります。

漢方は診察で、その方の体質をみた上で処方します。

高濃度ビタミンCローションは、活性酸素産生やメラニン生成を抑え、シミの治療に使用されますが、皮脂の分泌を抑えるたり、アクネ菌の増殖を抑えたりとニキビにも効果があります。
通常の治療と併用することでニキビの改善を助けてくれます。
ただ、やや肌は乾燥気味になるため、元々乾燥肌の方には向きません。

当院で行っているケミカルピーリングは、サリチル酸マクロゴールで、毛穴のつまりを取り除きます。
安全性が高いのが特徴です。
ただ、こちらも乾燥肌の方には向きません。

自分は思春期にニキビでとても苦労したので(結局痕が残ってしまいました)、
ニキビはキレイに痕を残さず治療したいと気持ちが人一倍強いかもしれません。

当院では、ニキビ痕が気になる方のために、レーザーフェイシャルも行っております。

ご気軽にご相談ください。

おおはし皮ふ科クリニック | 皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科