院長メッセージ

MESSAGE

院長

大橋 威信(おおはし たけのぶ)

医学博士 皮膚科専門医


好きなもの・趣味

天気の良い日の早朝のランニングは最高です。
休日は家族で公園に良く出かけます。

大切にしていること

感謝の気持ち


みなさん、こんにちは。
院長の大橋威信です。

子どもの頃からアレルギー体質で、皮膚の悩みが多くとても苦労した経験から、皮膚トラブルを解決したいと思い、皮膚科医を志しました。医師になってからは、幅広い知識と経験を得るため、仙台医療センターで2年間研修を積みました。その後、地元である福島県立医科大学附属病院皮膚科学教室に入局しました。大学病院勤務時代は、助手として、研究の傍ら、外来診療と病棟管理、それに併せてへき地の応援診療を行ってきました。プライマリ・ケアから重症例、稀な疾患や膠原病に数多く触れ、皮膚科医として研究、臨床ともに精一杯励みました。また、病棟リーダーとして、皮膚悪性腫瘍や皮膚移植術など困難な手術、手技も数多く経験しました。その後、イムス明理会仙台総合病院皮膚科に勤務し、一般診療から病棟管理、レーザー治療に従事しました。

これまでに得た経験、知識を活かして皮膚の悩みを患者様とともに解決したいと強く感じ、できるだけ地域の方に貢献できるよう、各地からのアクセスの良いララガーデン長町におおはし皮ふ科クリニックを開設しました。

当院では、小さなお子様からご年齢を重ねた方まで、皮膚に関することならなんでも診させていただきます。湿疹、いぼ、やけどや水虫なの皮膚疾患やアトピー性皮膚炎やじんま疹などのアレルギー疾患はもちろんのこと、手術が必要な皮膚腫瘍、他の医療機関で判明できなかった疾患、治療しても治らない疾患、シミやシワといった美容皮膚科領域まで、何でも気軽にご相談ください。

ひとりひとりの皮膚の状態に合った治療、予防やスキンケアを提案することができ、仙台の皆様の「皮膚の悩み相談役」として、信頼される皮膚科クリニックを目指し励んで参ります

院長経歴

2008年 昭和大学医学部卒業
2008年~2010年 仙台医療センター
2010年 福島県立医科大学 皮膚科学講座 入局
2013年 福島県立医科大学 皮膚科学講座 助手

2016年 イムス明理会仙台総合病院 皮膚科
2017年 おおはし皮ふ科クリニック 院長
2019年 医療法人 誠明会 理事長

所属学会

日本皮膚科学会
日本小児皮膚科学会
日本アレルギー学会

日本美容皮膚科学会
日本臨床皮膚外科学会
日本臨床皮膚科医会

所属学会

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

学位:医学博士

業績集

ACHIEVEMENTS

論文

詳しく見る(英文)

  1. Unusual milia amyloidosis as initial signs of multiple myeloma-associated systemic amyloidosis. Ohashi T, Kikuchi N, Yamamoto T. Int J Dermatol 52; 981-982, 2013.
  2. Keratoacanthoma with secondary ossification. Ohashi T, Yamamoto T. Int J Dermatol 53: e53-54, 2014.
  3. Acantholysis in mammary Paget disease. Ohashi T, Takenoshita H, Yamamoto T. Am J Dermatopathol 36: 856-857, 2014.
  4. Auricular pyoderma gangrenosum with penetration in a patient with rheumatoid arthritis. Ohashi T, Miura T, Yamamoto T. Int J Rheum Dis, 2014.
  5. A case of chromoblastomycosis caused by Fonsecaea pedrosoi in a patient with rheumatoid arthritis. Ohashi T, Ohtsuka M, Kikuchi N, Nishiyama K, Suzutani T, Yamamoto T. Int J Rheum Dis, 18: 580-581, 2015.
  6. Peristomal pyoderma gangrenosum: A report of three cases. Ohashi T, Yasunobu K, Yamamoto T. J Dermatol 42: 837-8, 2015.
  7. Antifibrotic effect of lysophosphatidic acid receptors LPA1 and LPA3 antagonist on experimental murine scleroderma induced by bleomycin. Ohashi T, Yamamoto T. Exp Dermatol 24; 698-702, 2015.
  8. Subcutaneous sarcoidosis with underlying intramuscular granuloma. Ohashi T, Yamamoto T. Indian J Dermatol 60: 107, 2015.
  9. Low prevalence of anti-cyclic citrullinated peptide antibodies in Japanese patients with pustulotic arthro-osteitis. Ohashi T, Hiraiwa T, Yamamoto T. Indian J Dermatol 61: 221, 2016.
  10. Acquired reactive perforating collagenosis associated with systemic lupus erythematosus. Ohashi T, Yamamoto T. J Dermatol 43: 1097, 2016.
  11. Use of biologics for peripheral pustulotic arthro-osteitis in two patients with palmoplantar pustulosis. Ohashi T, Suzuki Y, Yamamoto T. J Dermatol 44: 97-98, 2017.
  12. Eccrine poroma with calcification and metaplastic ossification. Ohashi T, Yamamoto T. J Dermatol 44: 345-346, 2017.
  13. Auricular pyoderma gangrenosum with penetration in a patient with rheumatoid arthritis. Ohashi T, Miura T, Yamamoto T. Int J Rheum Dis 21; 563-565, 2018.
  14. Successful treatment with dapsone for lupus profundus accompanied by xanthomatous reaction. Ohashi T, Matsumura N, Yamamoto T. Clin Exp Dermatol (accepted)

詳しく見る(和文)

  1. 関節リウマチ患者に生じた高齢発症の壊疽性膿皮症、大橋 威信、菊池 信之、三浦 貴子、山本 俊幸. 皮膚臨床 54:635-637,2012
  2. 下肢の多発性皮下結節と鼻腔内病変を伴ったperipheral T-cell lymphoma, not otherwise specified. 大橋 威信, 大塚 幹夫, 山本 俊幸. 皮膚病診療 36: 67-70, 2014.
  3. 成人型肥満細胞症. 大橋 威信, 山本 俊幸. Visual Dermatol 14: 46-47, 2015.
  4. 掌蹠膿疱症性骨関節炎-扁桃摘出術が皮膚, 関節, 爪病変に著効した例. 大橋 威信, 山本 俊幸. 皮膚病診療 37: 131-134, 2015.

学会発表

詳しく見る(学会発表)

  1. 紫斑を伴う蕁麻疹の1例(日本皮膚科学会山形・宮城・福島3県合同地方会学術大会第351回例会 2010年9月23日 福島)
  2. 疣贅状の角化を広範囲に認めた落葉状天疱瘡の1例(第32回水疱症研究会 2010年10月30日~31日 京都)
  3. 爪甲下Bowen病の2例(日本皮膚科学会福島地方会学術大会第352回例会 2010年11月3日 福島)
  4. Clinicopathology of osteo-nevus of Nanta (osseous metaplasia in a benign intradermal melanocytic nevus): Report of 10 cases(第35回日本研究皮膚科学会学術大会 2010年12月3日~5日 和歌山)
  5. 関節リウマチ患者の生じた高齢発症の壊疽性膿皮症(第34回皮膚脈管膠原病研究会 2011年1月21・22日 宮崎)
  6. 左臀部に大型の疣状局面を呈したFonsecaea Prdrosoiによるクロモミコーシスの1例(日本皮膚科学会東北六県合同地方会学術大会第353回例会 2011年2月5日 宮城)
  7. 多発性骨髄腫を伴った全身性アミロイドーシス患者にみられた特異な結節性病変の2例(第110回日本皮膚科学会総会 2011年4月15日 東京)
  8. 表皮向性を示した転移性悪性黒色腫の大腿転移例(日本皮膚科学会宮城・山形・福島3県合同地方会学術大会第355回例会 2011年9月4日 宮城)
  9. 熱傷を契機に発症したStaphylococcal Scalded Skin Syndrome(SSSS)の1例(第75回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2011年9月17・18日 群馬)
  10. 瘢痕性脱毛と手足の爪の脱落を生じた後天性表皮水疱症の1例(第33回水疱症研究会 2011年10月15・16日 福岡)
  11. 骨化を伴った皮膚混合腫瘍の1例(日本皮膚科学会福島地方会学術大会第356回例会 2011年11月3日 福島)
  12. 二次性骨化と石灰沈着を認めたエクリン汗孔癌の1例(日本皮膚科学会東北六県合同地方会学術大会第357回例会 2012年2月4・5日 宮城)
  13. 紅皮症を呈した体部白癬(日本皮膚科学会福島地方会学術大会第358回例会 2012年4月30日 福島)
  14. 当科における二次性骨化を伴った皮膚腫瘍のまとめ(第111回日本皮膚科学会総会 2012年6月1~3日 京都)
  15. 下肢の多発性皮下結節と鼻腔内病変を伴ったperipheral T-cell lymphoma, not otherwise specifiedの1例(第28回皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2012年6月29・30日 北海道)
  16. 掌蹠膿疱症性骨関節炎患者における血清MMP-3レベルの検討(第27回日本乾癬学会学術大会 2012年9月7・8日 新潟)
  17. 高度な浸潤性局面を呈したscalp psoriasisの1例(第27回日本乾癬学会学術大会 2012年9月7・8日 新潟)
  18. 漢方薬による固定薬疹の1例(日本皮膚科学会福島地方会学術大会第360回例会 2012年11月23日 福島)
  19. Increased serum levels of matrix metalloproteinase-3 in psoriatic diseases with inflammatory arthritides(第37回日本研究皮膚科学会学術大会 2012年12月7日~9日 沖縄)
  20. 組織学的に広範囲にAcantholysisを認めた乳房Paget病の3例(日本皮膚科学会東北六県合同地方会学術大会第361回例会 2013年2月23・24日 宮城)
  21. 過去10年間に経験したpseudoxanthoma elasticum22 例の集計(第112回日本皮膚科学会総会 2013年6月15日 神奈川)
  22. 急速に増大した眉間部の腫瘤(第29回日本皮膚病理学会 2013年7月27日 東京)
  23. 右腋窩に生じたアポクリン腺癌の1例(第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2013年8月9・10日 山梨)
  24. インフリキシマブが奏効したクローン病合併peristomal pyoderma gangrenosumの1例(第77回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2013年9月21・22日 埼玉)
  25. 初回妊娠時に発症し、第3子(女児)妊娠時に再燃した妊娠性疱疹(第35回水疱症研究会 2013年10月19・20日 大分)
  26. 皮膚ノカルジア症の1例(第64回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2013年11月2・3日 愛知)
  27. Lysophosphatidic acid receptors (LPA1 and LPA3) antagonist inhibits dermal sclerosis in bleomycin-induced murine scleroderma(第39回日本研究皮膚科学会学術大会 2014年12月13日 大阪)
  28. 皮内から筋層に肉芽腫を認めたサルコイドーシスの1例(第65回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2014年10月26日 大阪)
  29. 長期紫斑性病変が先行した成人T細胞性白血病/リンパ腫(ATLL)の1例(第78回日本皮膚科学会東部支部学術大会 2014年10月4日 青森)
  30. 掌蹠膿疱症性骨関節炎における抗環状シトルリン化ペプチド抗体の陽性率(第29回日本乾癬学会学術大会 2014年9月19日 高知)
  31. 掌蹠膿疱症性骨関節炎に対しインフリキシマブ投与中、末梢血に芽球が出現した1例(第29回日本乾癬学会学術大会 2014年9月19日 高知)
  32. ステロイド長期投与中の水疱性類天疱瘡患者に生じたクリプトコッカス髄膜炎の1例 (日本皮膚科学会福島・山形・宮城 3県合同地方会学術大会第367回例会 2014年8月31日 福島)
  33. 福島県立医大皮膚科におけるmastocytosis18例の集計(第113回日本皮膚科学会総会 2014年5月31日 京都)【ポスター賞】
  34. 動静脈瘻によって生じた下腿潰瘍の1例(第37回皮膚脈管・膠原病研究会 2014年1月24日 東京)
  35. 単クローン性ガンマグロブリン血症に合併したクリオグロブリン血症性血管炎 (第37回皮膚脈管・膠原病研究会 2014年1月24日 東京)
  36. エタネルセプト投与中に生じたSLEに伴い出現したacquired reactive perforating collagenosis(第38回皮膚脈管膠原病研究会 2015年1月22・23日 高知)
  37. 四肢に生じた結節性紅斑様皮疹(第38回皮膚脈管膠原病研究会 2015年1月22・23日 高知)
  38. 掌蹠膿疱症性骨関節炎に対するアダリムマブ投与中に皮疹の増悪を認めた1例(第30回日本乾癬学会学術大会 2015年9月4・5日 愛知)
  39. Congenital self-healing Langerhans cell histiocytosisと考えた1例(福島地方会第372回例会 2015年11月3日 福島)
  40. SLEの病勢増悪と鑑別を要したパルボウイルスB19感染症( 東北6県合同地方会学術大会第370回例会 2015年6月27・28日 宮城)

施設紹介

FACILITY INTRODUCTION

心地よい空間にて安心した診療を。

入口

ララガーデン長町4階のエレベータをおりてすぐの場所にあります。
お車の方は、4階の駐車場をご利用すると便利です。

受付

入口正面が受付になります。
液晶モニターに順番が表示されます。

待合室

ゆっくりくつろげるソファーをご用意しております。
車イスやベビーカーもそのままお入りいただけます。

キッズスペース・本棚

お子様向けの絵本やおもちゃをご用意しております。
本棚には一般向けの雑誌の他に、医学書も揃えております。

化粧品棚

美容化粧品や肌に優しいスキンケア商品も取り揃えてます。詳しくはスタッフにお問い合わせください。

診察室1

問診や診察、処置を行います。
何でもお気軽にご相談ください。

診察室2

混雑している場合は、待ち時間短縮のため、2つの診察室を使って医師が交互に診察を行います。

処置室

問診や診察、処置を行います。
何でもお気軽にご相談ください。

パウダールーム

化粧直し、お手洗いにお使いください。オムツ替え台もご用意しております。手前に男性用・女性用トイレも完備しております。

スタッフ紹介

STAFF

おおはし皮ふ科クリニックの
スタッフ紹介です。

看護師

佐藤

宮城県の出身です。看護師8年目になります。よくO型と言われますがA型です。

好きなもの・趣味
猫、旅行に行くこと、食べること、寝ることが好きです。

患者様へメッセージ
地元で皆様のお役に立てればと思います。
来院される患者様が安心していただけるような看護を出来るよう頑張ります。よろしくおねがい致します。

看護師

田上

看護師歴21年、皮膚科経験8年目になります。
興味のあることには集中力、探求心を発揮します。なぜかよく道を聞かれます。

好きなもの・趣味
発酵食品、果物が好物です。趣味は野球などのスポーツ観戦です。

患者様へメッセージ
皆様に安心して受診していただけるよう、笑顔を忘れず、心のこもった看護の提供に努めてまいります。お気軽にご相談ください。

看護師

原田

仙台出身です。休日は、子どもと公園に行って遊んで過ごしています。
春季キャンプ目的に沖縄に行ってしまうくらい、楽天イーグルスのファンです。

好きなもの・趣味
焼き肉、野球観戦

患者様へメッセージ
まだ理解できない年齢のお子様にも、怖がらず、安心して診察をうけてもらえるような対応を心がけていきたいと思っています。不安な事がありましたらご相談下さい。

看護師

谷山

キラキラネームではないというのに、下の名前を一発で読んでもらえたことが殆どありません。
いつからか、言われなくても振り仮名をふるようになりました。

好きなもの・趣味
お酒、歌う事。 いつの間にか歌っています。

患者様へメッセージ
美容皮膚科での経験を活かし、シミ、シワ、ニキビ、脱毛、雑談等、
安心してお話し頂けるよう、また、楽しんで頂けるよう心掛けて参ります。
笑顔でお待ちしております。

医療事務

櫻田

宮城県仙台市出身。こだわりのB型です。常に笑いのある生活を心がけています。
本が好きでよく読みます。本屋さん、図書館に行くとしばらく帰りません。

好きなもの・趣味
猫、お酒、読書、好きなアーティストのライブに行くことです。

患者様へメッセージ
不安なこと、気になること、何でも構いません、ご相談いただければ幸いです。
クリニックの玄関口として、皆様が安心してご来院できるよう温かくお迎えいたします。どうぞよろしくお願いします。

医療事務

永瀬

福岡で産まれ、仙台で育ちました。
猫が好きで小さい頃から飼っています。自宅に帰ると足音で分かり自然と玄関まで迎えに来てくれるよになり、とても癒されています。

好きなもの・趣味
米粉パンと炭酸水好きです。最近の趣味はディズニーシリーズのトミカ集めです。

患者様へメッセージ
患者様が来院されてから、お会計がお済みになるまで、分かりやすく、安心して、スムーズに受診して頂けるように心掛けてまいります。
患者様の目線にたち、改めて来院して頂けるように努めていきます。

医療事務

浅野

総合病院とクリニックでの勤務経験があります。北国出身ですが寒さに弱いです。

好きなもの・趣味
バドミントンが好きでずっと続けています。最近のマイブームはハイカカオチョコレートです。

患者様へメッセージ
明るく和かな応対を心がけ、患者様に安心してご来院いただけるよう頑張ります。
よろしくお願いします。

クリニックの理念

CLINIC PHILOSOPHY

笑顔あふれる地域・人・
未来を創る

「ミッション」とは、おおはし皮ふ科クリニックの使命・理念であり、最終目的です。
おおはし皮ふ科クリニックが、存在し続ける限り、決して変わることはありません。
おおはし皮ふ科クリニックは、地域、人(患者さま・働くスタッフ)、それらの今と未来が
笑顔であふれるために永遠に努力し続けます。

詳しくはこちら

治療方針

TREATMENT POLICY

その1すべての皮膚疾患を診察します

基本的には、皮膚症状を主訴に来院された患者様はすべて診察いたします。
当院で治療可能か、難しいかを判断し、可能であれば治療開始し、難しければ大きな病院へ紹介させていただきます。

その2「皮疹」の診察を丁寧に行います

皮膚の診察なくして、診断・治療はできません。
治療経過中も、皮疹の確認が治療の効果判定に重要です。
皮膚科での皮膚の診察は必須と考えます。

その3ガイドラインやエビデンスに基づいた治療を行います

基本的には、ガイドラインやエビデンスの高い治療を優先させます。
かつ、患者様の希望を取り入れ、治療は柔軟かつ最善のものを選択していきます。
例えば、アトピー性皮膚炎の治療にはステロイド外用が第一選択です。
しかし、ステロイドを塗りたくないという患者様もいらっしゃいます。
その場合は、どうしてステロイド外用を行うのが嫌なのか、その理由をしっかり問診した上で、治療法を相談させていただきます。希望があれば漢方療法なども取り入れて治療を行います。

その4薬の塗り方や処置の仕方など治療方法を詳しく説明します

皮膚科の治療は外用療法が中心になります。疾患によっては、自宅での処置が必要なこともあります。
また、生活環境が影響している疾患が多く、生活の改善が必要なこともあります。
当院では、薬の塗り方や処置の仕方について、担当の医師や看護師がわかりやすく丁寧にご説明いたします。
生活環境の見直しについても、患者様の可能な範囲でご提案させていただきます。

その5根本的な治癒を目指します

原因をしっかり探り、原因を取り除くことで根本的な治癒を目指していきます。

スタッフ 10の心得

STAFF 10 TIPS

  1. 心からの笑顔、相手の目を見て、明るい声で挨拶します。
  2. 他人の批判・悪口は言いません。
  3. いつでも笑顔で、仕事に臨みます。
  4. 怒りの感情を顔に出したり、周囲に振りまきません。
  5. 自分の非を認めて、素直に謝ります。
  6. いつも、「プラス」の言葉を使うように心がけます。
  7. 患者さまが話しやすい雰囲気を作り、どんな小さな声にも耳を傾け、支援します。
  8. 立ち振る舞い、表情、言葉遣いを含めいつでも立派な社会人であることを認識して行動します。
  9. 素直な気持ちで明るく前向きに勉強をしていきます。
  10. いつも感謝の気持ちを持ち、ありがとうの一言を添えます。

公式アカウントはじめました

この度、おおはし皮ふ科のLINE@公式アカウントがスタートします。
LINE@では期間限定の特別メニューやご優待情報、
予約状況など発信する予定です。
是非ご登録ください。

友だち追加

ご登録はこちらから