水虫・爪水虫

水虫・爪水虫について

水虫とは、白癬菌というカビの一種が皮膚に感染して起こる病気です。
日本人の5人に1人が水虫、10人に1人が爪水虫という統計もあり、皮膚科では非常に多い疾患の一つです。
爪水虫は、しっかりと完治させることが必要で、爪水虫が残っていると、そこからまた白癬菌が周囲に供給され足水虫が再発する事になります。

症状・検査


【足白癬】
趾間型:指の間がジクジク湿って白くふやけている
小水疱型:水疱ができる、かゆみを伴う
角質増殖型:足の裏がカサカサして皮膚がめくれる

【爪白癬】
爪が白く濁っている、分厚くなっている、爪が脆い

頭や体に円形の赤いカサカサした皮疹を呈する頭部白癬や体部白癬もあります。
その場合、足白癬を合併していることが多く、足も診察させていただくことがあります。

検査


・皮膚の一部の皮を採取し、顕微鏡検査で菌がいるか確認します。

・炎症が強かったり、二次感染を起こしている場合は、まずそちらの治療が落ち着いてから検査を行うことがあります。
・市販の水虫の薬や皮膚科で処方された水虫の薬を塗っていると菌がみつからないことがありますので水虫がいるかどうか確認したい方は1,2週間外用を中止した状態で受診してください。

治療


・抗真菌薬の外用療法と内服療法を行います。
・足白癬に対しては、主に外用療法を行います。湿疹や感染を起こしている場合は、まずその症状を抑えてから抗真菌薬外用を行います。抗真菌薬はかぶれやすいので注意が必要です。皮膚がきれいになり、かゆみなどの症状がなくなっても、最低3ヶ月以上は毎日塗り続けるようにしましょう。
・爪白癬に対しては、主に内服療法を行います。まだ爪が厚くなっていない場合は、クレナフィン爪外用液やルコナック爪外用液による外用療法で治療が可能なこともあります。
・内服薬は、ネイリン、イトリゾール、ラミシールがあります。
ネイリンは3ヶ月、イトリゾールはパルス療法として3ヶ月(3クール)、ラミシールは治癒するまで内服となります。1年間を治療期間とし、改善がなければ別の治療、もしくは再投与を行います。内服薬は肝臓や腎臓に負担を与える可能性があることから、定期的な血液検査が必要となります。また、妊娠中・授乳中の方は服用できません。

ウイルス性イボ(疣贅)

ウイルス性イボ(疣贅)について

ヒトパピローマウイルスが皮膚粘膜に感染して生じる良性腫瘍です。
臨床像は、尋常性疣贅、ミルメシア、扁平疣贅、尖圭コンジローマなどに分類されます。

当院のウイスル性イボ治療の特徴・取り組み

・当院では、ウイルス性イボ治療には特に力を入れております。
・基本的に1-2週間に1回の間隔で、イボが消えたのを確認するまで治療を繰り返します。
・大学病院や基幹病院で行われているほぼ全ての治療を当院では施行できますので、他院で治らないイボもお気軽にご相談ください。
・下記の治療法から患者様の症状に合った適切な治療をご提案します。

1.液体窒素凍結療法


液体窒素で皮膚を凍らせることによりイボの細胞を破壊する治療です。
痛みを生じますが、ウイルス性イボ治療の第一選択です。水ぶくれになった場合は早めの受診をお願いします。

2.モノクロロ酢酸


皮膚を腐食する強い酸で、イボを溶かして治療します。
痛みは液体窒素より少ないためお子様にも使用できます。

3.サリチル酸


軟膏やスピール膏を使用し、角質を柔らかくしてイボを削ります。

4.ビタミンD3軟膏


免疫を賦活化させる効果があります。密閉して外用することで効果が出ます。

5.ベセルナクリーム


尖圭コンジローマ、日光角化症の治療薬です。皮膚の薄い部位のイボに対して効果があります。

6.ヨクイニン内服


ハトムギからつくられる漢方薬。ウイルスに対する免疫力を高める効果があります。

7.チガソン内服


ビタミンAの内服薬です。表皮のターンオーバーを早めイボを排出させる治療法で、液体窒素と併用するとより効果的です。
催奇形性の報告がある、副作用をしっかり理解した上での治療が必要です。
妊娠中、授乳中、妊娠予定の方は服用できません。
女性の方は少なくとも2年、男性の方は少なくとも6ヶ月避妊が必要です。

8.イボ剥ぎ法


局所麻酔後、イボを剥ぎ取ります。再発率が他の治療より低く、保険適応です。

9.炭酸ガスレーザー照射法(自費診療) 料金はこちら

局所麻酔をした後に、レーザーで組織を蒸散します。
照射した部位は潰瘍になるため、治療後上皮化するまで、軟膏処置が必要になります(およそ2~3週間程度)。

10.ロングパルスYAGレーザー照射法(自費診療) 料金はこちら

局所麻酔をした後に、レーザーを数回照射します。イボの血管にレーザーが反応し、照射部位は水疱、かさぶたになります。2~4週間の間隔で数回繰り返します。

11.ブレオマイシン局注(自費診療) 料金はこちら

イボに直接ブレオマイシン(抗がん剤)を注入します。強い痛みを伴います。注射部位が潰瘍、壊死することがあります。

疥癬

疥癬とは

ダニの一種であるヒゼンダニが皮膚の角層に寄生して起こる病気で、ヒトからヒトへうつります。
疥癬には、通常疥癬と角化型疥癬の2つのタイプがあります。

通常疥癬
(普通に見られる疥癬)
角化型疥癬
ヒゼンダニの数 数十匹以下 100万~200万
病気に対する抵抗力 正常 低下している
他人へうつす力 弱い 強い
主な症状 赤いブツブツ
疥癬トンネル
厚いフケが重なったような状態
かゆみ 強い 不定
症状が出る部位 首から下 全身
鑑別疾患 アトピー性皮膚炎
皮脂欠乏性湿疹
虫刺症
乾癬
悪性リンパ腫
爪白癬

診断・検査


・疥癬トンネルや外陰部のしこり(結節)が臨床症状として特徴です。
・症状のある部位の皮膚を一部採取し、顕微鏡検査やダーモスコピー検査を行い、虫体・虫卵が確認できれば診断は確定します。
ただし、皮膚科専門医でも、疥癬虫を見つけることは難しく、検出率は10~60%といわれています。

治療


・主にストロメクトール内服(1回または2回)、もしくはスミスリンローション外用を行います。その他、かゆみを抑える抗アレルギー薬内服を用います。
・1~2週間間隔で診察を行い、2回連続して疥癬虫が検出されず、疥癬トンネルの新生がない場合を治癒とします。
・ただし、治癒後も反応性のかゆみや丘疹が持続することがあります。
・再発することもあり、注意深いフォローアップが必要です。

ウイルス性発疹症

ウイルス性発疹症について

麻疹(はしか)、風疹、水痘(水ぼうそう)、手足口病、伝染性紅斑(りんご病)などがあります。

当院では、麻疹(はしか)、風疹、水痘(水ぼうそう)、ムンプス(おたふくかぜ)、の抗体検査、およびワクチン接種を行っております(自費診療)。症状のある方は、保険適応になる場合もあります。

料金はこちらから

麻疹(はしか)


麻疹ウイルスによって起こる感染症で、ヒトからヒトへ空気感染します。感染力は極めて強く、麻疹の免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、12~14人の人が感染するとされています(インフルエンザでは1~2人)。
潜伏期間は10~12日間、感染期間は発症1~2日前から解熱後3日までです。
咳、鼻汁、目やにとともに発熱がみられ、3~4日後に一度解熱しますが、すぐにまた発熱し顔面から発疹が出現し下方へ拡大します。
発疹出現後3~4日で解熱し、発疹は色素沈着となり消失します。
発疹出現直前に頬粘膜に白い斑点であるコプリック斑がみられることが特徴です。

風疹


風疹ウイルスの飛沫感染で、潜伏期間は2~3週間です。
感染期間は発疹出現の数日前から発疹消失までです。
発疹、リンパ節腫脹、発熱がみられます。

水痘(水ぼうそう)


水痘帯状疱疹ウイルスの空気感染、接触感染で、潜伏期間は2~3週間です。
感染期間は発症1~2日前からすべての発疹が痂皮化するまでの約1週間です。
発疹は紅斑、水疱、痂皮の順に2、3日で急速に出現、進行し、各段階の発疹が混在します。
治療は、アシクロビルなどの抗ヘルペスウイルス薬内服と亜鉛華軟膏塗布を行います。

手足口病


コクサッキーウイルスA16、10型、エンテロウイルス71の飛沫感染、経口感染、接触感染で、夏季に流行し、7月にピークを迎えます。
潜伏期間は3~6日間で、口の中の粘膜や手のひら、足の裏、足の甲などに水疱性の発疹が現れて、1〜3日間発熱することがあります。
水疱は、かさぶたにならずに治る場合が多く、1週間程度でなくなります。
また、1〜2ヶ月後に手足の爪がはがれることがありますが、大事にはいたらずすぐに新しい爪が生えてきます。

伝染性紅斑(りんご病)


ヒトパルボウイルスB-19の飛沫感染で、感染力は強いですが、不顕性感染(症状が出ない)もあります。
潜伏期間は7~18日で、感染期間は感染後約1週間から10日間、紅斑が出た時点では感染力はみられません。
頬部の紅斑に続いて四肢に網状の紅斑が出現します。
成人では、多くの場合、非特異的な発疹を呈します。
妊婦さんの感染では流産の危険性があり、注意が必要です。

ヘルペス(単純ヘルペス)

ヘルペス(単純ヘルペス)について

初感染と再感染、再発(初感染後、体に潜んでいたウイルスが、再活性化して症状が現れる場合をいいます)により、皮膚や粘膜に小水疱やびらんを主体とする病変が生じます。
初感染は、多くの場合無症状ですが、ときに発熱など全身症状を生じることもあります。
再発は、発熱、紫外線、歯科治療などの刺激やストレスなどによる細胞性免疫の低下により症状が出現します。

治療


・原則的には、抗ヘルペス薬(アシクロビル、バラシクロビル)内服を行います。
・軽症の場合、抗ヘルペス薬(アシクロビル、ビダラビン)の外用を行うことがありますが、近年米国のFDAで、市販薬として抗ウイルス薬外用薬の使用に対し、耐性ウイルスの出現を増加させるおそれがあるとして警告を発しております。
・重症例や免疫不全の方は、抗ヘルペス薬(アシクロビル、ビダラビン)の点滴静注を行いますので、基幹病院や大学病院へ紹介させていただきます。
・細菌の二次感染を伴うことがあるので抗菌薬の内服または外用を行うこともあります。

再発性単純ヘルペスの治療


再発を繰り返す患者様のために、あらかじめ薬剤を処方し、症状が出現している期間に服用していただくことが可能になりました。
・ファムビル1回1000mgを2回投与します。
・初回服用は、初期症状(患部の違和感、灼熱感、そう痒等)出現後6時間以内に服用する。
・2回目は、初回服用後12時間後(許容範囲として6~18時間後)に服用する。
・妊娠又は妊娠している可能性がある場合には、服用しないでください。

水痘(水ぼうそう)


水痘帯状疱疹ウイルスの空気感染、接触感染で、潜伏期間は2~3週間です。
感染期間は発症1~2日前からすべての発疹が痂皮化するまでの約1週間です。
発疹は紅斑、水疱、痂皮の順に2、3日で急速に出現、進行し、各段階の発疹が混在します。
治療は、アシクロビルなどの抗ヘルペスウイルス薬内服と亜鉛華軟膏塗布を行います。

STI(性感染症)

STI(性感染症)について

梅毒、クラミジア、ヘルペス、B型肝炎ウイスル(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、カンジダ、淋菌、トリコモナス、マイコプラズマ、ウレアプラズマなどによる感染症があります。
精液や頸管粘液、唾液などを介して感染します。

初期症状


淋病 感染2~7日頃男性は排尿時に痛みをともない、膿状の白い分泌物が出る。女性は膿性のおりものがでるが、約半数は自覚症状がない。バルトリン腺炎を起こすことがある。
非淋菌性尿道炎 淋菌以外の原因で起きる尿道炎すべてを含む、総称的表現。尿道炎とは主に感染2週間後、尿道から分泌物やうみが出て、排尿時に痛みや不快感をともなう。クラミジア・マイコプラズマ・膣トリコモナス・カンジタ等によって引き起こされる。性器クラミジア感染症では、感染後1~3週間で男性では軽い排尿痛と粘液性、漿液性の分泌物がでる。女性では、帯下の増加、不正出血、下腹部痛、性交痛がありときに急性腹症をおこす。女性の半数は自覚症状がない。
性器ヘルペス 感染後2~7日後に陰部にかゆみや違和感のある水疱が出現。破れて痛みのあるびらんや浅い潰瘍になる。発熱、リンパ節腫脹を伴う。
HIV 感染後2週~2カ月後発熱、関節痛、リンパ節腫脹などインフルエンザ様の症状が出現し、口腔内や性器に潰瘍が生じ、全身に紅斑が出現する。
B型肝炎 感染後、多くは4~9週で倦怠感、食欲不振などが起き、蕁麻疹様の紅斑が現れることがあり、引き続いて黄疸症状が現れる。
性器カンジダ症 男性では尿道炎か亀頭・包皮に紅い丘疹、白色のうみがあらわれる。女性は外陰部にそう痒や白色、粥状のおりものがみられる。
膣トリコモナス症 男性では尿道炎症状を起こすが一般に無症状。女性では感染後6カ月以内に悪臭の強いあわ状のおりものと陰部びらん・かゆみがあらわれる。

検査


症状がある場合は、保険診療で検査を行います。
血液、または尿、おりもの、咽頭ぬぐい液などを用いて検査します。
無症状で、スクリーニングのための検査をご希望の場合は自費診療となります。
料金はこちらから

治療


各疾患ごとに抗菌薬内服もしくは抗ウイルス薬を用いて治療を行います。
婦人科領域、血液内科領域の場合は、基幹病院へご紹介いたします。

公式アカウントはじめました

この度、おおはし皮ふ科のLINE@公式アカウントがスタートします。
LINE@では期間限定の特別メニューやご優待情報、
予約状況など発信する予定です。
是非ご登録ください。

友だち追加

ご登録はこちらから