アトピー性皮膚炎

当院は、アトピー性皮膚炎の診療に力を入れております。

アトピー性皮膚炎とは

かゆみのある湿疹を特徴的な分布で、慢性的に寛解・増悪を繰り返す疾患です。
(日本皮膚科学会診断基準)

発症要因


①体質的要因:アトピー素因、皮膚バリア機能低下
②環境的要因:アレルギー症状の原因となるアレルゲンを有している(ダニ、ハウスダスト、カビ、動物の毛、食物など)、汗、乾燥、過労、ストレスなど
この2種類が重なった際に発症すると考えられています。

症状


様々な症状を呈しますが、いずれも慢性に経過するのが特徴です。
小児では、湿潤型の湿疹を呈し、成人では乾燥型の湿疹、皮膚炎を呈します。

検査


・アレルギー検査は即時型のIgE抗体を検査します。
・IgG食物アレルギー検査により、従来の血液検査では見いだせなかった食物アレルギーを発見し、アトピー性皮膚炎の増悪因子を取り除くことでコントロールしやすくします。

治療


・保湿によるスキンケアが重要です。
・外用療法は、皮膚炎に対し副腎皮質ホルモン軟膏(ステロイド軟膏)または免疫調節軟膏
(プロトピック軟膏)を外用します。副腎皮質ホルモン軟膏にはさまざまな強さのものがあり、皮膚炎の程度や部位に応じて最適なものを選択します。
当院では不必要なステロイド外用剤は使いませんが、メリットがデメリットを上回ると
判断した場合は患者様に説明の上、処方しております。
・その他、補助療法として抗アレルギー薬や漢方薬の内服療法、紫外線療法も行っております。 

当院でのアトピー性皮膚炎治療の特徴


・患者様お一人おひとりに合った治療のご提案
・しっかりした原因検索
・敏感肌・乾燥肌向けのスキンケア製品の充実

じんま疹

じんま疹とは

皮膚の肥満細胞から分泌される、さまざまなケミカルメディエーター(ヒスタミンなど)が毛細血管の透過性が亢進し、皮膚に浮腫が起こり、膨疹(蚊に刺されたような発疹)が全身にできる疾患です。
数日~2週間程度で治癒する急性蕁麻疹、1か月以上症状を繰り返す慢性蕁麻疹にわかれます。

原因・悪化因子


1)直接的誘因(主として外因性、一過性)

1. 外来抗原
2. 物理的刺激
3. 発汗刺激
4. 食物
食物抗原、食品中のヒスタミン、仮性アレルゲン(豚肉、タケノコ、もち、香辛料など)、食品添加物(防腐剤、人工色素)、サリチル酸
5. 薬剤
抗原、造影剤、NSAIDs、防腐剤、コハク酸エステル、バンコマイシン(レッドマン症候群)等
6. 運動

2)背景因子(主として内因性、持続性)

7. 感作(特異的IgE)
8. 感染
9. 疲労・ストレス
10. 食物
抗原以外の上記成分
11. 薬剤
アスピリン、その他のNSAIDs(食物依存性運動誘発アナフィラキシー)、アンジオテンシン転換酵素(ACE)阻害薬(血管性浮腫)等
12. IgE または高親和性IgE 受容体に対する自己抗体
13. 基礎疾患
膠原病および類縁疾患(SLE、シェーグレン症候群等)、造血系疾患、遺伝的欠損等(血清C1-INH 活性が低下)血清病、その他の内臓病変等、日内変動(特発性の蕁麻疹は夕方~夜にかけて悪化しやすい)

診断


病型の確定と原因の探索が重要です。
個々の患者様の症状にあわせて必要な検査を立案します。

検査


・アレルギー検査は即時型のIgE抗体を検査します。
・IgG食物アレルギー検査により、従来の血液検査では見いだせなかった食物アレルギーを発見し、アトピー性皮膚炎の増悪因子を取り除くことでコントロールしやすくします。

治療


・原因・悪化因子の除去が重要です。
・薬物療法の基本は抗アレルギー薬内服になります。重症例では、ステロイド短期内服や注射を行うこともあります。
・その他、病型によっては漢方薬、ジアフェニルスルホン内服、抗ロイコトリエン内服が奏功する場合があります。当院では、ノイロトロピン注やレセルピン療法も取り入れております。
・アナフィラキシー反応と呼ばれる呼吸苦を伴う急激な反応を引き起こすことがあり、そのような患者様に対してはエピペン処方も行います。

当院でのじんま疹治療の特徴


・原因・悪化因子の検索
・基本治療から補助療法まで幅広い治療法の選択
・副作用の少ない漢方療法、ノイロトロピン注、レセルピン療法

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは

皮脂の多い部位に起きる慢性の皮膚炎です。皮膚の常在菌であるマラセチアに対するアレルギー反応であることがわかっています。
症状は、フケとかゆみを伴った皮膚の赤みです。好発部位は、頭部、鼻や眉毛のあたり、耳の周辺、胸部、股部、わきの下などです。

悪化因子


1. 精神的ストレス、過労、睡眠不足
2. 皮脂の蓄積・貯留
3. 乱れた食生活、刺激の強い食物
4. 喫煙(タバコ)
5. ホルモンバランスの乱れ
6. 便秘

治療


・悪化因子の除去・回避、生活の改善が重要です。
・軽症の場合、抗真菌薬の外用のみで改善することもあります。
・中等症以上の場合、短期的にステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬の併用も行います。漢方薬やビタミン剤内服が効果があることもあります。

乾癬

乾癬とは

銀白色の鱗屑(皮膚の粉)をともない境界明瞭な盛り上がった紅斑が全身に出る慢性の皮膚疾患です。決してうつる病気ではなく、人には“感染”しません。
発疹は全身のどこにでも出ますが、こすれる部位に出やすいという特徴があります。
頭部や爪、下肢は治りにくく、QOL(生活の質)が下がりやすい部位とされています。

原因・発症因子


原因は、まだ完全にはわかっていません。
乾癬になりやすい遺伝的素因に、様々な環境因子(不規則な生活や食事、ストレス、肥満、感染症、特殊な薬剤など)が加わると発症すると言われています。
関節炎を起こす場合があります(約10人に1人程度の割合)。

診断・検査


その他の疾患と鑑別が難しい場合は、病理組織検査(皮膚生検)を行います。
関節炎が疑わしい場合は、整形外科やリウマチ科と連携して精査を行います。

治療


・外用療法・内服療法・光線療法・抗体療法の4つが主なもので、これらを症状にあわせ適宜、選択することになります。
・外用療法は、主に副腎皮質ホルモン(ステロイド)外用薬とビタミンD3外用薬、2つの合剤をお用います。ビタミンD3は皮膚の角化・炎症を抑制する効果があります。
・内服療法は、オテズラ、シクロスポリンなどがあり、発疹の面積が広い場合や関節炎に併用することがあります。
・光線療法は、ナローバンドUVB療法、PUVA療法などがあります。当院では、副作用の少ないナローバンドUVB療法を施行しております。
・抗体療法は、炎症を起こす因子であるTNF-α、IL17、IL-23をターゲットとした注射薬による治療です。承認施設での治療導入が必要です。

当院の乾癬治療の特徴


・外用療法と内服療法の充実
・ナローバンドUVB療法の併用が可能
・他科や大学病院との連携によるしっかりしたサポート

かぶれ(接触皮膚炎)

かぶれ(接触皮膚炎)とは

・外的な影響で起こる皮膚炎で、刺激による一次刺激性とアレルギー性があります。
・一次刺激性接触皮膚炎:アレルギーは関係なく、誰でも起こりえます。洗剤や石けん、オイルなど刺激の強い物質で起こります。
・アレルギー性接触皮膚炎:ある物質を「異物」と体が認識して(感作)、それを排除するために、過剰に反応した結果、皮膚炎が生じます。一度感作が成立すると、接触により何度も皮膚炎を繰り返します。そのため、原因の検索が非常に重要です。

診断・検査


臨床だけでわかる典型例もありますが、疑わしい場合はパッチテストを推奨しております。
当院では通常のパッチテスト、金属パッチテストも施行できます。

パッチテスト
疑わしい物質を皮膚に貼付し、48時間後、72時間後、1週間後に皮膚の反応を見る検査です。48時間判定(2日後)までは入浴は避けていただきます。

治療


・原因の検索、除去が重要です。かぶれの原因となるものがわかれば、それだけで改善することもあります。
・早めに炎症を引かせたい場合はステロイド外用剤を湿疹の部分に塗布します。
・痒みに対しては、抗アレルギー薬内服を行います。

皮脂欠乏性湿疹

皮脂欠乏性湿疹とは

乾燥肌に伴う湿疹です。皮膚の乾燥により、バリア機能が低下し、外的な刺激やその他様々な因子によって湿疹が生じます。
赤ちゃんからお年寄りの方まで幅広い年齢層になりうる疾患です。

皮膚の保湿因子


1.皮脂
皮脂腺から分泌される脂(あぶら)のことです。汗などと混じりあって皮膚の表面をおおい(皮脂膜)、水分の蒸発を防ぎます。
2.角質細胞間脂質
表皮で作られ、角質細胞と角質細胞のすき間をうめている脂のことです。
角質細胞同士をくっつけるニカワの役割をするとともに、水分をサンドイッチ状にはさみ込み、逃がさないようにします。
3.天然保湿因子
角質層にある低分子のアミノ酸や塩類などのことです。 水分をつかまえて離さない性質を持っています。

治療


・基本的には保湿することが大切です。
・季節や部位などによって保湿剤を使い分けることをおすすめします。
・湿疹になっている部分には、症状に応じてステロイド外用を行います。
・当院では、セラミド配合の保湿ローション・クリームも取り扱っております(自費診療)。

公式アカウントはじめました

この度、おおはし皮ふ科のLINE@公式アカウントがスタートします。
LINE@では期間限定の特別メニューやご優待情報、
予約状況など発信する予定です。
是非ご登録ください。

友だち追加

ご登録はこちらから