ニキビ(尋常性ざ瘡)

ニキビ(尋常性ざ瘡)について

ニキビ(尋常性ざ瘡)は、毛包や皮脂腺の閉塞および炎症の結果として、面疱(コメド)、丘疹、膿疱などが生じる病気です。
好発部位は、顔面で、それ以外に胸や背中、お尻などに生じます。
好発年齢は、思春期をピークし、それ以降は徐々に減少します。女性の場合は、しばしば中年すぎまで見られます。

原因


① 皮脂腺からの過剰な皮脂の分泌。主に性ホルモンなどの働きが影響。
② 毛穴出口部の異常角化(毛穴のつまり)。主に性ホルモンやアクネ菌が影響。
③ 毛穴の中でニキビ菌(主にアクネ菌)が増殖すること。

ニキビ(尋常性ざ瘡)について

治療(保険診療)


・毛穴のつまりを改善する薬剤の外用療法
アダパレン(ディフェリンゲル®、エピデュオゲル®)
過酸化ベンゾイル(ベピオゲル®、デュアック配合ゲル®、エピデュオゲル®)
・ニキビ菌を抑える抗菌薬の外用・内服療法
・漢方薬、ビタミン剤の内服

治療(自費診療)


ケミカルピーリング ・サリチル酸マクロゴール
・マッサージピール(PRX-T33)
イオン導入 ・ビタミンC誘導体
・グリシルグリシン
外用薬 ・トレチノインクリーム
・高濃度ビタミンCローション
・AZAクリア(アゼライン酸配合クリーム)
内服薬 ・ロアキュタン(イソトレチノイン)
・スピロノラクトン(男性ホルモン抑制剤)
点滴・注射 ・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンC
・トランサミン
・グルタチオン
レーザー治療 ・レーザーフェイシャル
・レーザーシャワー
・赤ら顔レーザー(YAGレーザー)
・フラクショナルCO2レーザー
プラセンタ療法 ・ピュラプラセンタD.R.
・メルスモンカプセル
・プラセンタ注射(ラエンネック)

※治療法をクリックするとそれぞれのページにジャンプします。

ロアキュタン(イソトレチノイン)料金はこちら

皮膚のターンオーバーを早め、皮脂腺からの皮脂の分泌を抑え、細菌を減らして炎症を抑え、毛穴のつまりを開く内服薬です。


禁忌
・妊娠中、授乳中、妊娠予定の方。
・女性は15歳未満、男性は18歳未満の方。
・成長期で身長が伸びている方は使用できません。

注意事項
・女性の方は必ず次の正常な月経が始まって2、3日目を過ぎるのを待ってから服用を開始してください。
・投与期間中および投与終了後、女性は6か月間、男性は1か月間妊娠を必ず回避してください。
・服用中および最終服用後6ヵ月間は献血をしないようにしてください。
・効果が現れるまで、最初の数週間は逆に症状が悪化する可能性がございますが、これは作用している証ですので、心配する必要はありません。
・飲み忘れてしまった場合は、次の服用時間になってから通常の量を服用してください。服用 し忘れた分があっても、2回分以上を一度に服用しないでください。
・服用中は日焼けしやすくなるため、日焼け止め外用、長時間に渡る紫外線または日光照射を避けてください。
・副作用として、肝機能障害や筋骨格筋症状などを認める場合があり、定期的な血液検査が必要です。

 

スピロノラクトン(男性ホルモン抑制剤)料金はこちら

スピロノラクトンとは、本来は高血圧の治療に用いられる利尿作用のある薬です。
また男性ホルモンを抑制する作用があることから、ニキビの治療に効果的といわれています。
その効果は一般的に非常に高く、中止後にリバウンドが起きにくいと言われています。


禁忌
・高齢者、妊娠中・授乳中の方、小児
・無尿または急性腎不全の方
・高カリウム血症の方
・アジゾン病の方
・タクロリムス、テプレレノンまたはミトタン投与中の方

注意事項
・利尿作用があるため、夜間休息が特に必要な方は夜間の排尿を避けるため,午前中に服用してください。
・電解質異常(高カリウム血症,低ナトリウム血症,代謝性アシドーシス等)
また電解質異常に伴い,不整脈,全身倦怠感,脱力等があらわれることがあります。
・長期間服用した患者(男女とも)に乳癌が発生したとする症例報告があります。
・副作用として、肝機能障害や腎機能障害などを認める場合があり、定期的な血液検査が必要です。

 

円形脱毛症

円形脱毛症

突然、コインのように円形に脱毛が生じる病気で、単発型、多発型、全頭型(頭全体の脱毛)、汎発型(全身の脱毛)、蛇行型(頭髪の生え際の帯状脱毛)と5つの病型にわかれます。
合併症として、甲状腺疾患(8%)、尋常性白斑(4%)、SLE、関節リウマチなどの自己免疫性疾患を認めることがあり、場合によって血液検査を行うことがあります。

原因


はっきりとした原因はわかっておりません。
疲労や感染症など肉体的、精神的ストレスが引き金になるとされていますが実際には明らかな誘因がないことも多く、毛包組織に対する自己免疫疾患と考えられています。

当院での円形脱毛症治療の特徴・取り組み


患者様の年齢及び脱毛面積、タイプに応じて適切な治療を選択します。

SADBE療法(局所免疫療法)

日本皮膚科学会円形脱毛症ガイドラインで、S2以上(脱毛巣が頭全体の25%以上)の多発型、全頭型、汎発型の症例に、年齢を問わず第一選択として行うよう推奨されています。

かぶれを引き起こす物質を塗る円形脱毛症の治療法です。
かぶれによって引き起こされる種々の反応が毛に対する自己免疫機序を抑制すると考えられています。

治療の流れ

感作 脱毛部もしくは上腕の一部にSADBEを塗布したテープを貼付して感作させます。
48時間後にテープをはがします。
1週間後、感作部分が、赤く、かゆみが出現していれば感作成立です。
かゆみが強い場合は、ステロイド外用を行います。水疱形成、色素沈着を伴う場合が
あります。
治療濃度決め 感作後より1~2週間の間隔でSADBEを外用します。
外用後、軽度のかゆみが2,3日持続する濃度まで調節していきます。
※洗髪は外用の10~12時間後に行ってください。
発毛治療 発毛が認められるまで、2週間に1回の間隔でSADBEを外用します。
維持療法 発毛が認められてからは、3~4週間に1回の間隔でSADBEを外用継続します。

注意事項
・SADBE療法は綿棒で行いますが、液だれで脱毛部位以外がかぶれる場合があります。
・SADBE濃度をアップするに伴い、まれにひどくかぶれる場合があります。重度のかぶれ、じんま疹、リンパ節腫脹、顔面腫脹、色素沈着、色素脱失等が生じた場合は、抗アレルギー薬内服やステロイド外用の治療を行いますので、速やかに医師に相談してください。
・アトピー性皮膚炎の方は、まれに皮膚症状が悪化することがあります。

光線療法(ナローバンドUVB)


脱毛部にナローバンドUVBを照射します。Tリンパ球のアポトーシス誘導やサイトカイン抑制などの皮膚局所免疫低下の効果が示唆されています。すべての病型に対して行える治療です。

液体窒素療法


脱毛部に液体窒素をスプレー状に当てます。軽い痛みがありますが、簡便で、かつ効果的な治療です。
1~2週間に1回のペースで行います。

ケナコルト(ステロイド)局注


脱毛部にステロイドの注射を打ちます。
1ヶ月に1回のペースで行います。発毛が認められたら終了します。
副作用として、皮膚の萎縮、血管拡張、陥凹に注意が必要です。

ステロイド外用


ストロング~ストロンゲストクラスのステロイド外用を行います。
海外のガイドラインでは、軽症から中等症の脱毛症には発毛効果があるとされています。
副作用として、毛包炎、ニキビに注意が必要です。

漢方薬


グリチロン、セファランチン、その他漢方薬を用います。その方の証に合った漢方薬を処方いたします。

ステロイドパルス療法


・脱毛が急速に進行している患者様に対して行います。
・成人の発症後6カ月以内で,重症かつ進行性の脱毛症に適応になります。
・医師と相談の上、治療の適応と判断した場合、大学病院または基幹病院へ紹介となります。

尋常性白斑

尋常性白斑とは

表皮基底層のメラノサイト(色素細胞)が何らかの原因で減少・消失し、色素脱失をきたす(皮膚の色が白く抜ける)後天性の病気で、自己免疫性疾患と考えられています。

治療


当院では、患者様にあった治療をエビデンスに基づいて提供させていただきます。
・外用療法:ステロイド、タクロリムス、ビタミンD3などを用います。
・光線療法:ナローバンドUVB

赤ら顔・酒さ

酒さとは

顔面に紅潮、毛細血管拡張、紅斑、丘疹、および膿疱を生じる皮膚疾患で、30~50歳くらいの女性に好発します。
ステロイド外用による酒さ様皮膚炎や脂漏性皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ)との鑑別が必要です。

原因・悪化因子


原因は不明ですが、ニキビ菌や表皮ブドウ球菌、毛包虫が病態に関与している可能性が示唆されています。
悪化因子として、紫外線、精神的ストレス、暑さ、アルコール、寒冷刺激、香辛料、化粧品の刺激などが考えられています。

当院での酒さ治療の特徴・取り組み


当院では、酒さ治療に特に力を入れております。
・軽症から中等症では、メトロニダゾールやアゼライン酸外用が第一選択です。
プロトピック軟膏外用を行う場合もありますが、まれに酒さ様皮膚炎を起こすことがあり、長期使用する場合は注意が必要です。
・中等症から重症では、ビブラマイシンやミノマイシンなどの抗炎症作用がある抗菌薬内服を併用します。ロアキュタン(イソトレチノイン)内服も有効です。
・漢方薬が有効なことが多く、患者様の証に合った処方をいたします。
・外用、内服療法で効果が乏しい方は、ロングパルスYAGレーザーによる治療がおすすめです。治療回数を重ねると顔の赤みが薄くなっていきます。
ロングパルスYAGレーザーの詳細はこちらから
《こちら→「レーザーリフトアップ・ヤグレーザについて」へジャンプ》

メトロニダゾール料金はこちら

ニキビダニや寄生虫といった「菌」が原因の酒さや赤ら顔、ニキビなどに効果があります。
他にも抗原虫作用、抗菌作用、抗炎症作用、免疫抑制作用等があります。

当院では、ロゼックスゲル®とフラジール軟膏(院内製剤)を取り扱っています。

注意事項
・皮膚のかゆみ、赤み、乾燥、かぶれ、灼熱感が生じた場合は、使用を中止し、すみやかに医師に相談してください。
・妊娠中、授乳中の方は使用できません。
・脳膿瘍、多発性脳梗塞、てんかん、髄膜炎、ラクナ梗塞、認知症、パーキンソン症候群などの病気がある方は使用できません。

アゼライン酸(AZAクリア®)料金はこちら

アゼライン酸は、小麦など穀類や酵母に含まれる成分で、局所のセリンプロテアーゼを阻害し、抗菌、皮脂分泌抑制、抗炎症作用、角化異常の抑制作用があり、酒さや赤ら顔、ニキビに効果があります。
軽度のピリッとした刺激感を感じる場合がありますが、副作用は少なく、安全性の高い薬剤です。
妊娠中、授乳中の方でも使用できます。

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症について

手掌、足底に白いプツプツ(無菌性膿疱)が多発し、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返す皮膚疾患です。皮疹は、はじめは小水疱からはじまり、次第に膿疱になり、その後痂皮(かさぶた)となり、落屑となって剥がれ落ちます。手、足以外に下腿や前腕にも皮疹が出ることがあります。
約10%程度に鎖骨や胸骨、仙骨などの関節痛を伴うことがあります(掌蹠膿疱症性骨関節炎:PAO)。

原因・悪化因子


原因は、いまだに解明されていませんが、下記の因子が発症や症状の悪化に深く関わっていることがわかっています。
・喫煙(掌蹠膿疱症の方の約8割が喫煙者です)
・病巣感染(扁桃炎や歯周炎など。無症状の場合もあります)
・金属アレルギー(主に歯科金属)
・頑固な便秘、過敏性腸症候群

治療


・悪化因子の除去が重要です。
・病巣感染治療の有効性は極めて高く、扁桃摘出による改善率は約80~90%という国内の報告もあります。
当院では、近隣の耳鼻咽喉科や歯科と連携し、病巣感染の治療を強くすすめております。
・外用療法は、ステロイド外用、ビタミンD3外用を行います。
・内服療法は、ビオチン療法、マクロライド系抗菌薬、ビスフォスフォネート(関節症状に対して)、シクロスポリンなどがあります。
・抗体療法として、トレムフィア(抗IL-23p19抗体製剤)が保険適応になりました。

ホクロ(色素性母斑・母斑細胞母斑)

ホクロ(色素性母斑・母斑細胞母斑)について

ホクロは、色素細胞(メラノサイト)というメラニン色素をつくる細胞が変化した母斑細胞からできる良性の皮膚腫瘍です。

診断・鑑別診断


・悪性黒色腫(メラノーマ)との鑑別が重要であり、ダーモスコピー検査が有用です。

・悪性黒色腫(メラノーマ)との鑑別が重要であり、ダーモスコピー検査が有用です。

当院のホクロ治療の特徴・取り組み


・ダーモスコピー所見から良性と考えられるものは基本的には経過観察でよいです。
・長径6mmを越える掌蹠病変や、比較的大きなものでは、悪性化のリスクや整容的側面から病理組織検査を含めた手術をおすすめします。
・悪性黒色腫が疑われた場合は、すみやかに大学病院へ紹介させていただきます。
・良性のホクロの除去をご希望の場合、手術(保険診療)か炭酸ガスレーザー治療(自費診療)をお選びいただけます。

炭酸ガスレーザー治療の詳細についてはこちらから

公式アカウントはじめました

この度、おおはし皮ふ科のLINE@公式アカウントがスタートします。
LINE@では期間限定の特別メニューやご優待情報、
予約状況など発信する予定です。
是非ご登録ください。

友だち追加

ご登録はこちらから